米CIA職員に発症が増えているハバナ症候群とは?

10月 19, 2021 0 投稿者: B_Otaku

 

最近、米大使館の外交官やCIAなどの情報機関職員に「ハバナ症候群」と呼ばれる原因不明の健康被害が発生していると、日本でも報道されるようになった。

ハバナ症候群とは2017年8月、キューバの首都ハバナで米国の外交官に原因不明の頭痛、めまい、耳鳴りなどのさまざまな健康上の問題が発生した事から、同様の疾患をハバナ症候群と呼ぶようになったものだ。

キューバの後には中国でも報告されているが、これが最近はヨーロッパやアジアの各国でも発生するようになった。

原因不明とはいうモノの、音響兵器や電磁波攻撃であろうとは推測されている。まあ、キューバに中共といえば、そのような事をやっていても当然、という感じだが‥‥。

ハバナ症候群が確認されたのは最近では5月にホワイトハウス職員2名が発症し、先週はコロンビアの米国大使館員数人が発症したと報じらた。

中共は昨年、インドとの戦闘で電磁波兵器を使い、インド兵を駆逐したという話は既に伝わっていた。電磁波兵器や生物兵器を本格的に使用するという、流石は悪魔の手下である共産党のやりそうな事だ。