米国で流行のレッツゴー・ブランドンって何だ?

11月 29, 2021 0 投稿者: B_Otaku

 

今米国では「レッツゴー・ブランドン」という言葉が流行っていて、これをテーマにした楽曲がiTunesのヒップホップチャートで一時トップに立った。

ブランドンって一体何なんだ?

という疑問が湧くが、実は米国のストックカーレースNASCARで、10月2日のアラバマ州で行われたレースで優勝したドライバーがブランドン・ブラウン選手だった。

このレースの後にNBCのリポーターがインタビューしていた時に、観衆が何やら声をあげていた。

これを良く聞くと、どうも「F●CK Joe Biden」と聞こえるが、この音が放送に入ってしまった事で、レポーターは咄嗟の機転で
「ほら、観衆も応援していますよ『レッツゴー・ブランドン 』って。」
と言った事から米国では”Let’s go Brandon“が”F●CK Joe Biden“(くたばれジョー・バイデン)の隠語になっているのだった。

この話にはオマケがあって、バイデン支持のワシントンポスト(WP)紙は10月23日の電子版でドナルド・トランプ・ジュニアが9月の集会でバイデン大統領に対して「レッツゴー・ブランドン」と声をあげたと報道した。

しかし、この経緯を知っていれば10月2日のレースより以前の9月には、未だレッツゴー・ブランドンの話は無かったのだ。これでWPの記事の捏造がバレてしまった。

そしてWPは屈辱的な訂正記事を出す羽目になってしまったのだった。

上記英文部分(訂正:本稿の前の版には、群衆がジョージアでドナルドトランプJr.スピーチの間、「レッツ・ゴー・ブランドン」と声を上げたとの誤りがありました。
群衆は、9月にそのスピーチで「F—ジョー・バイデン!」と声を上げました。誤りは編集者によって挿入されたもので訂正します。)

その後もバイデンによる失政は勢いを増し、それに反するかのように支持率も急降下中であり、増々各地で「レッツゴー・ブランドン」の声が上がっているという。

まあ、日本のマスコミは未だにバイデンのレームダック化を報道していないが、勿論ネット閲覧者は知っている。

この情報格差は如何ともし難い。

.