歴代の女性天皇は8人もいた 勿論全て父方に天皇の血筋を引く「男系」

2月 2, 2022 0 投稿者: B_Otaku

 

長女はKK問題で国民に対する苦言を呈したり、長男は高校受験のゴタゴタで週刊誌を賑わすなどなど‥‥国民からの信頼を完全に失ったA宮家に対して、愛子内親王殿下の天皇即位を希望する声が盛り上がって来た。

自民党の右派である高市早苗議員も、最近は女性天皇については容認する姿勢が見えてくるなど、この傾向は今後増々顕著になるだろう。

しかし一部では、女性天皇になったら一生結婚できない、などという話もあるが、実はこれは真っ赤な嘘。日本の歴史上女性天皇は8人が存在し、結婚もしてるし子供もいる例が多い。

代表例として、元明天皇(在位707~715年)は天智天皇の皇女で、夫は天武天皇と持統天皇の子・草壁皇子。そして子供は文武天皇と元正天皇だから、正しく男系の女性天皇だ。

しかもその実績は藤原京から平城京へ遷都、『風土記』編纂の詔勅、先帝から編纂が続いていた『古事記』を完成させ、和同開珎の鋳造等を行ったという、立派なものだ。

元明天皇は息子の文武天皇が病に倒れ若くして崩御してしまい、孫の首(おびと)皇子はまだ幼かった事から、言ってみれば中継ぎとしての即位だった。なお首皇子は後に聖武天皇として即位している。

さて話を現代に戻して、一つの案としては、愛子内親王殿下に男系男子の元皇族から婿養子をとり、その子供が男子なら次の天皇であり、しかし男子がいないとか若すぎるという場合には愛子内親王殿下が女性天皇として即位する。その子供が女子であっても、同じく男系男子を婿養子にとれば、その男子に望みが持てるし、女子のみでも男系女子だからもう一度女性天皇として即位する、という具合に男系を維持する事は可能だろう。

まあ、この意見には当然ながら突っ込みどころはあるが、KKが天皇の義兄になる、なんて悪夢は避けられるし、二千数百年の男系の歴史を途絶える事なく維持できる。

最も大切な事は、国民に男系女性天皇と女系天皇の違いを徹底して認識させる事だろう。加えて女性皇族何て事をすれば、KKが皇族になるという悪夢が現実になる事も徹底すべきで、まあこれに関しては解りやすい前例を作ったという面では、KKは日本の歴史に大いに貢献した事になる(笑

.