韓国公営放送局KBS、受信料の払い戻し要求が過去最多

KBS(韓国公営放送局)では2019年の1年間の受信料払い戻し件数が約3万6千件に達し、2017年から3年連続で増加している。韓国では受信料が電気料金と同時に課金されるために、テレビが見られないと申請すれば払い戻しや支払い停止が行われるという。

その受信料は一カ月2500ウォン、って、あれウォンって事は円換算すれば220円。おおっ、日本の「公共放送」はその10倍!しかも内容は偏向していて、売国放送の誉れ高き現状で、殆ど振り込め詐欺状態だ。

その公共放送も60年前には実に内容の濃い放送を行っていた。
ドラマ「若い季節」(年金フル世代の子供の頃)
夢であいましょう(年金フル世代の子供の頃)

しかもそれで受信料は月300円で、当時のテレビは約5万円だった。という事はソフトウェア(1年分の受信料)はハードウェア(テレビ受像機)の7.2%であり、まあ百歩譲って10%以内という事だろう。では現在は如何かと言えば月1225円、すなわち年間には約1万5千円となる。そしてテレビ受像機はといえば40インチの液晶テレビは5万円で購入出来るから何と30%であり、約3年間でハードウェアの価格を超えてしまう。これは如何考えても経済の常識を超えている訳で、これが月に300~400円で、しかも公平でレベルの高い番組を作れば、国民は喜んで受信料を払う筈だ。

N国党が多少の危なさがあるにも関わらず結構な支持者を得ているのが、如何にあの”公共放送”が国民から信頼を受けていなかを端的に能わしている。

おっと話が横道に逸れたが、それで韓国で受信料の払い戻しが増えている原因は、日本と同じでKBSに対する国民の不満が増えている事と、テレビが無い事の検証手続きがずさんな事だという。まああの国のやる事だから、手間をかけるのは面倒だから申請があったらば調べもせずに受け付けているというのは理解できる。

これって、韓国はテレビがあっても無いと申請すれば受信料が返却されるが、日本では無いと言っても強引に受信料を払わせようとするという、マルで逆の状況であり、しかも結果的には韓国の方がより国民の利益になっているという、他の分野ではあり得ない事が起こっている。

韓国よりはるかにたちの悪い日本の公共放送は、やっぱり解体するしかないなっ!

本日午後10時 カルロスゴーン氏の記者会見 ほほ~、こりゃあ楽しみだ

カルロスゴーン氏は日本時間の本日午後10時から、ベイルートで記者会見を行う予定であり、この席上でゴーン氏の失脚を狙った日産関係者の実名と証拠を示すといわれてる。また日産のみならず政府関係者の名前の公表するというから、噂の令和おじさんなんて冷や冷やモノだろうねっ。

これぁ楽しみだが、日本のメディアは殆どが参加できないようで、まあ報道機関として認定されていなくても当然だねっ。これらの情報は米FOXビジネスのキャスターが先行取材した時のもので、本人から直接取材できる米国メディアと会見場に入ることすらできない日本のメディアって、何とも情けないものだ。

またベイルートのゴーン氏の広報担当者はゴーン夫人に逮捕状を発行した日本の司法に対して「哀れだ」と表明したようで、もう欧米社会の笑いものどころじゃ済まなさそうだ。これって欧米社会からすれば、革命防衛隊の司令官を殺されて「米国にとって「歴史的悪夢」となるような13のシナリオを検討している」と突っ張っているイラン政府と同じくらい滑稽なのだろう。因みに欧米社会からすれば殺害された司令官はテロリストの親玉であり、その国が米国をテロリストに指定したという大笑いの話なのだが。

さてゴーン夫人の逮捕状請求で、日本も目出度く中国・北朝鮮そしてイランと同じグループ入りとか?

環境少女 米国からスペインに向けて再びヨットで出航

今や世界中に知れ渡った環境詐欺の広告塔とも言うべきグレタ嬢が米国からスペインに向けてまたまたヨットで移動するという。まあ環境パフォーマンスとしてはイマイチ古典的過ぎて白けるが、周りの大人に炊きつけられて今や世界の笑いモノ。

因みに往路のヨットはモナコ大公家の所有でモナコの王子も同行していたというから、これぁ超セレブの旅だった。環境ねぇ。まあ言ってみれば北欧版世田谷自然家族だから、ちょいと突っつけば矛盾は幾らでも出てくる。

それで海上はヨットとして、陸上の移動は如何するのかと思ったらば電気自動車のテスラ3を使っていた。テスラ3って日本での価格は511~717万円也。いやはや700万円のクルマで移動して環境問題を訴えるのもねぇ。それに充電には電気が必要だが。

そしてこのクルマの中はプラスチックや缶のゴミだらけ。

WPPhto191218-3.jpg

ところで食事はといえば環境に良い野菜しか食べないそうで、両親にも肉を食べる事を止めさせたとか。その昼食風景が下の写真だが、プラスチック容器を多用しているが、これってかなり環境に悪そうだが、良いのかねぇ。

WPPhto191218-1.jpg

こんな具合だから、突っ込み処が有り過ぎて可哀そうになってしまうが、それもこれも、こんな少女を使ってパフォーマンスをさせている大人達の悪事の結果なのだが、その為にこの少女の顔には魂が壊れているのがよ~く出ていると思う。とても16歳の少女には見えない邪悪な雰囲気。因みに写真右下は同じく16歳当時のザギトワ選手だが、その違いに唖然とする。

WPPhto191218-2.jpg

えっ、単なる美人と●●の差じゃないの、って? あっ、いや、そのう‥‥(汗

「世田谷自然左翼」とは

最近ネット上で見かける「世田谷自然家族」とは一体何を示すのだろうか?

その前に韓国には江南(カンナム)左派、もしくは江南左翼という言葉が有る。江南地区は韓国ソウルにある高級住宅地で、日本で言えば田園調布みたいな響きという。その江南に住んで豊かな暮らしをしている、要するに目一杯資本主義の恩恵を受けているセレブにも関わらずに左翼思想を持っている人たちを江南左翼というらしい。そう言えば例の玉ねぎ男も港南に住んでいて、その家族はセレブだったが、コテコテのチュチェ思想に固まっている。

これに倣って、世田谷の高級住宅地に住んで左翼を気取っている人種を世田谷自然左翼というらしい。ここで江南左翼に倣ったなら世田谷左翼の筈だが、何故に”自然“が付くのかと言えば、健康食品に「世田谷自然食品」というブランドがあり、これに引っかけて同じような響きにしたのが「世田谷自然左翼」という訳だっだ。

実際には世田谷とは限らず都心の適度に高級なマンション(最近ではタワマンが流行りだ)に住み、クルマはBMWなどの有名ブランドに乗り、子弟は中学校(一部は小学校)から私立に入学させているが、温室効果ガス削減の必要性を説いたり、韓国の味方をしたりと、左翼的な心情を持っている階層を指すようだ。

年収は1,500万円くらいが多いから、決して本物のセレブではないし、生まれながらの金持ちでは無く、必死に受験勉強をした結果として有名大学に入学し、それをベースに超一流企業に就職したのが今の生活のベースとなっている。という事はハッキリ言って成り上がりだ。

そして何故に左翼思想なのかといえば、一つには偽善的な体質がある。また高学歴という事で実は心の中では低学歴者を差別しているが、その差別から無知な底辺層の為に左翼活動で助けてやっているのだ、という気持ちが根底にあるのだろう。

したがって行動は矛盾だらけであり、温室効果ガス低減を叫ぶが自宅のタワマンはオール電化で、低層階に住んでいてもエレベーターを使用するし、換気が不十分なタワマンでは年中エアコンを稼働するし、部屋によっては採光も悪いから照明も点けっ放し、な~んて事も平気だ。

今のマスコミも年収1,500万円くらいが普通であり、その連中が左翼思想的な番組を作ったり記事を書いている訳で、これすなわちマスコミは「世田谷自然左翼」の巣窟だという事だ。

日本と同等の韓国製高純度フッ化水素が投入され‥‥とウソをつく朝日(ちょうにち)新聞

韓国のフッ化水素国産化は戦略物資にも該当しない低純度原材料を日本から買って、それを加工してディスプレイに使用したら100万個の不良品を出して廃棄処分、という情けない結果になった事は多くの日本人が知るところだ。
LGディスプレイの韓国産エッチングガスの原料は日本製低純度フッ化水素だった

ところが、何と朝日新聞の記事に
『韓国は効率よく半導体産業を立ち上げるため、素材を自前でやろうとしなかった。日本の素材メーカーも国内で売れなくなったらつぶれてしまう。だから必死で韓国に売りに行った』
→ええ~っ、素材何か作るだけの金も技術も無く、材料を買ってきて組み立てるだけの産業だったのに、効率よく云々って、なんだそりゃ。

しかも次のような主張も行っている
『日本が7月に輸出規制を強化してから、韓国企業も超高純度化に取り組んできた。関係者によると、日本製とほぼ同等のものが半導体の生産ラインに投入されつつあるという。関係者は「(韓国側は)背に腹はかえられないということで、使い始めたようだ。日本製のシェアは戻らないかもしれない」とみる。』

なんていう事が書いてある。はぁ~、おまいら韓国の回し者かぁ?
韓国に素材を売らなければ半導体製品は出来ないが、その分は台湾や日本等のメーカーがその分を生産するから、そちらに売る事で何の問題も無い。
6月に米半導体大手が広島工場を拡大済み、これでサムスンの不足分を補える

ネットの世界では朝日新聞(鮮)(本)新聞とも言われているが、確かにこういう記事を見ると一体何処の国の新聞だよ、と疑問に思うが、要するに社内で勢力と持っているのが在日社員だ、という事だろう。

その”ちょうにち新聞“の売り上げは順調に激減しているのは目出度い事だが、毎日はもっと酷い落ち込みだし、読売も朝日以上に落ち込んでいる。これって、やっぱり朝日には一定数の左翼読者が付いているということだろう。そしてその手の読者を逃がさない為にも、親韓路線は確信犯なのかもしれない。