ウイルスだけでなく バッタの大量発生もヤバいぞ!

アフリカ東部で「サバクトビバッタ」が大量発生し食糧危機に発展している。ケニアでは70年に一度といわれる大規模な群れが襲来し、隣国のソマリアとエチオピアでも25年に一度の危機であり、ソマリアは国家非常事態宣言を発表した。

バッタの大量発生は「蝗害(こうがい)」とも呼ばれ、バッタの大群が飛び去った後は、無残に食い荒らされた裸の大地しか残らないという。被害にあっているケニア、ソマリア、エチオピアはアフリカの角と呼ばれる三角地帯だが、今後は更に隣国にも移動している。ケニアに到達したのは1000憶から2000億匹といわれ、縦60㎞、横40㎞におよぶ群れで、一日で100万人分の食料を食い尽くしてしまう。

このままのペースで増殖すると6月には500倍となり、既に大群は紅海を挟んだサウジアラビアとイエメン、更にはインドとパキスタンにも広がり始めている。という事はこの大群は中国にも遠からず到達する訳で、武漢肺炎でのパニックに加えてバッタの大群という二重のパニックとなる可能性は十分にある。

WPPhto200225-1.jpg

実は中国ではこれまでにも大量のバッタが発生した事はあるのだが、前回は対策として大量のアヒルを放ったところ、このアヒルがバッタを食べてまくって数ヶ月で食べ尽くし、見事にバッタの駆除を成功させたという。そして動物性たんぱく質をたっぷり食べたアヒルは丸々と太って、これが人間の食用として多いに役に立ったという。

な~んだ、それじゃあ今回も‥‥と思うだろうが、何しろコロナウイルス騒ぎで大量のアヒルを集めて移送する手段が無い。といことはバッタの被害をモロニ受けるのか?

経済危機にウイルス危機、既にこれだけでも大ごとなのに、これにバッタまで加わったどうなるのか?

いやどうにもならないどころか、想像もつかない危機が訪れるだろう。

環境少女 満員列車で帰宅は嘘 実は1等車だったのがバレる

話題の環境活動少女グレタ トゥンペリさんが15日にスペインで開催されていた国連の気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)からの帰途で、スーツケースの並ぶ列車の床に座った写真を「超満員列車でドイツを移動中。やっと家に帰るところです!」というコメントと共にツイッターに投稿した。

WPPhto191219-3.jpg

これに対してドイツ鉄道はツイッターの公式アカウントで
「親愛なるグレタさん、気候変動と闘うわれわれ鉄道労働者を支援してくれてありがとう」
「1等車であなたをおもてなししたフレンドリーで有能な弊社スタッフについても触れていただけたら良かったです」
と投稿した事で、本当は1等車での移動なのに、満員列車の床に座っているやらせがバレてしまった。

いやぁ、上の写真なんて見た瞬間に「ガラガラのデッキの床に座って、どこが超満員だよ」と突っ込みを入れたいくらいで、取り巻きの大人達の無能さをさらけ出している。こういうのはヤラセの特異な元テレビ局のスタッフでも雇って、もっと上手くやらないとねっ!

それにしてもこんな子供を使うようでは環境詐欺も末期的だねぇ。歴史を見ても子供を洗脳して過激行動をさせたのは、中国の紅衛兵、カンボジアのクメールルージュ、ナチスのヒトラーユーゲント(少年兵)等など、崩壊寸前の末期状態という事実が示している。

それにしてもこれだけ話題になり、次々にヤラセがバレバレとなるなど、彼女とその取り巻きは久々の逸材ではある。

環境少女 米国からスペインに向けて再びヨットで出航

今や世界中に知れ渡った環境詐欺の広告塔とも言うべきグレタ嬢が米国からスペインに向けてまたまたヨットで移動するという。まあ環境パフォーマンスとしてはイマイチ古典的過ぎて白けるが、周りの大人に炊きつけられて今や世界の笑いモノ。

因みに往路のヨットはモナコ大公家の所有でモナコの王子も同行していたというから、これぁ超セレブの旅だった。環境ねぇ。まあ言ってみれば北欧版世田谷自然家族だから、ちょいと突っつけば矛盾は幾らでも出てくる。

それで海上はヨットとして、陸上の移動は如何するのかと思ったらば電気自動車のテスラ3を使っていた。テスラ3って日本での価格は511~717万円也。いやはや700万円のクルマで移動して環境問題を訴えるのもねぇ。それに充電には電気が必要だが。

そしてこのクルマの中はプラスチックや缶のゴミだらけ。

WPPhto191218-3.jpg

ところで食事はといえば環境に良い野菜しか食べないそうで、両親にも肉を食べる事を止めさせたとか。その昼食風景が下の写真だが、プラスチック容器を多用しているが、これってかなり環境に悪そうだが、良いのかねぇ。

WPPhto191218-1.jpg

こんな具合だから、突っ込み処が有り過ぎて可哀そうになってしまうが、それもこれも、こんな少女を使ってパフォーマンスをさせている大人達の悪事の結果なのだが、その為にこの少女の顔には魂が壊れているのがよ~く出ていると思う。とても16歳の少女には見えない邪悪な雰囲気。因みに写真右下は同じく16歳当時のザギトワ選手だが、その違いに唖然とする。

WPPhto191218-2.jpg

えっ、単なる美人と●●の差じゃないの、って? あっ、いや、そのう‥‥(汗