経営危機の韓国双竜自動車をインドの大株主マヒンドラが放棄

韓国の自動車メーカーとしては最も規模が小さく、経営状況も悪い双竜自動車は、インドのマヒンドラグループの傘下として何とか倒産を免れている。
10年間未解決、韓国双竜自動車の復職問題とは?

ところが最近マヒンドラの理事会で双竜社に投資する計画だった2300憶ウォン規模の資金投入をしない事を決定した、という。これによって双竜自働車は‥‥まあ誰が考えても破綻でしょうねぇ。しかも、この会社を買おうという企業は無い!そりゃそうだ、何の特徴も技術も無く、労働争議ばかり激しくて生産は上がらない会社を傘下に収めたい企業がいる訳が無い。

いままでマヒンドラが何故支援していたのかが不思議なくらいだが、今回ようやくそれに気が付いたようだ。インドも非韓三原則に目覚めたようで、実に目出度い事だねっ。

なお双竜だけでは無く、残る外資系2社(ルノーサムスン、韓国GM)も同様で、これはもう早いところ逃げ出そうと考えているだろう。とはいえ、この2社も買い手が無いであろう事は誰の目にも明らかだ。

そうなると韓国内の自動車メーカーは唯一ヒュンダイ自動車グループ(ヒュンダイ、起亜)のみとなってしまうが、これがまた瀕死の重症状態で、要するに韓国の自動車メーカーは全滅の危機に瀕している。
韓国自動車生産 年400万台の崩壊

おっと、自動車業界と双璧をなす電子業界もサムスン電子やSKハイニックスなど何れも重症だし、それ以上に航空旅客業界が深刻だ。これでは韓国経済崩壊と新型コロナ鎮静化とどっちが先かという状況だ。いやその前に今月半ばの韓国国会議員選挙はどうなるのだろか?それによっては野党の大勝利で文ちゃんの弾劾が成立して北との統合は失敗に終わる‥‥とか。

その北の将軍様は既に死んだという噂もあるが、少なくとも重症は間違い無いだろう。健康なら妹に全権を渡す筈がないからねっ。

世界最高技術のヒュンダイ水素自動車、トヨタに中国市場を奪われるニダ、はぁ~?

韓国自動車産業協会は2日に発表した報告書で「現代(ヒュンダイ)自動車は世界最高の技術力を持っているが急速に地域で影響力を高める日本のトヨタに中国の水素自動車市場の主導権を奪われかねない状況」と明らかにした、って、ぶっは~、面白過ぎる。

ヒュンダイが水素自動車で世界最高の技術力って、また韓国人得意の妄想が始まったようだ。そして中国の自動車メーカーが技術力不足で外国企業から技術を導入する際に、トヨタが中国と組んで市場を先取りする危険があるとし、韓国が持つ先行技術を利用して水素自動車市場を先取りし云々‥とほざいている。

実は水素自動車ではある時期ヒュンダイの生産量が世界一となったとして大騒ぎした事がある。
韓国メディア「水素自動車販売で日本を抑えトップ」と報道して笑いモノ

元々水素を作るのに多量の電気を必要とする水素自動車なんて使い物にならず、どこの国も相手にしていないが、トヨタは世界のトップ企業として未来技術を研究するという使命で開発しただけであり、ホンダも持ち前の技術的好奇心から開発したものでこれが売れるとは思っていないし、結局水素自動車が将来の主流だと勘違いして本気で開発していたのはヒュンダイだけだったから、世界一となるのだった。

まあそんな事を心配するよりも、倒産確実のヒュンダイ自動車の事を心配した方が良いんじゃねぇの。

あっ、尤も殆ど手遅れだけど。人間でいえば心肺停止状態かな。

韓国企業4月は社債返済で恐怖の死月

このままでは国家デフォルトも時間の問題と思える韓国だが、勿論その韓国の企業だって倒産の危機に瀕している。

そして新型コロナウイルスにより生産・消費・投資がトリプルダウンで、取り分け中国からの部品調達が滞った自動車生産は前月比-27.8ポイント減となった。
中国の部品メーカー休業で韓国自動車メーカーが生産中止
また人の移動が止まったことか航空旅客業-42.2、鉄道運送-34.8、旅行業-45.6という状況になっている。

これに加えて韓国の各企業が4月に償還しなければならない社債が合計6.5兆ウォン(5800億円)あり、この為の資金が新型コロナウイルスによる業績悪化で足りない状態だ。結局償還のために新たな借金が必要で、その為の新たな社債を発行する事も考えられるが、この時期に韓国企業の社債を買う投資家はまずいないだろう。自動車会社が自転車操業に失敗する‥‥という笑い話が実際に起こるだろう。

この4月の危機に対して韓国紙では「死月」と皮肉っているが、日本では4も死も”シ”だが、韓国語でもどちらも”サー”なのだそうだ。これにより今月は大手企業の半数が償還に失敗し企業の連鎖的デフォルト(債務不履行)が続く恐れがあると韓国の証券会社研究員が分析していている。

という事は日本のゴールデンウイーク頃には韓国を支える大企業の多くが倒産している、という事かな。まあ日本企業には関係な‥‥いや、あるところもあるぞっ!

特に韓国への融資や信用状発行など足を突っ込み過ぎたみずほ銀行グループはヤバいっしょう。
韓国は海上保険がかけられない

現代自動車工場、再稼働から1日で部品供給支障で再休業

ヒュンダイ自動車は中国からの部品(ワイヤーハーネス)が入荷せず、5日以降工場別に順次休業に入っていた。
韓国ヒュンダイ自動車も部品が底をついて7工場全て生産停止

しかし、流石は韓国ナンバーワン自働車企業のヒュンダイだけあって、13日から相次ぎ工場のラインを再稼働していた。

と喜んだのも束の間で、再びワイヤーハーネスが足りなくなり、一部の工場で再び休業に入る事となった。休業となったのは蔚山(ウルサン)工場で、5つの工場のうち3工場は何とか休業を免れているが、肝心の第1および第2工場が休業となる。

因みに第1工場はベロスター、コナを生産しているが、ベロスターはクーペとハッチバックの中間的なスポーツ路線のクルマで小さいながらも韓国ではラグジュアリーカーとされている。またコナは小型SUVでライバルはBMW ✘1!となる売れ筋車で、米国では何故か2019年1月の北米 SUVカ―オブザイヤーを受賞した。コナのスタイルは小さいながらも如何にもSUVというもので中々にマッチョでカッコいい。と思ったら昔の三菱RVRをパクったものだった。
⇒ 2019/1/19(Thu) 日記 Hyundai Kona [US] (2018)

WPPhto200219-4.jpg

そして同じく休業となる第2工場はバックオーダー2万台以上を抱えている人気の高級ブランド ジェネシスGV80 などを生産している。GV80は発表されたばかりの最高級SUVで、ライバルはBMW X5やポルシェカイエン等だろう。それぁ早く生産を安定させて北米市場でも売りまくらねば‥‥。

WPPhto200219-5.jpgと思ったら、唯一設定されている6気筒ディーゼルエンジンは米国の排ガス規制により販売できなかった! ご愁傷様です、チ~ン。

文ちゃんの悪政と中国ウィルスのダブルパンチで韓国経済いよいよ破綻確実か?

既報のように中国の武漢肺炎の影響で韓国の自動車メーカーは中国からの部品供給が途絶えて、最大手のヒュンダイ自動車も生産中止に陥っている。
韓国ヒュンダイ自動車も部品が底をついて7工場全て生産停止

中国の武漢肺炎で経済的に最も影響を受けているのは皮肉にも韓国だった。まあこれについては文ちゃんの悪政とは直接関係ないのだが、運も悪い文ちゃんは正に疫病神か死神か‥‥。

WPPhto200208-1.jpg

加えて中国からは米韓THIRDをネタに報復(「中国では韓国製ゲームの営業許可が下りない 日本は漁夫の利」参照)され米国からはGSOMIA破棄などで見捨てられ、勿論日本とは戦後最悪の関係という、もうこれは経済破綻まっしぐらの状況だ。

韓国を支えているサムスンとSKなどの半導体企業はフッ化水素などの材料が無く、自動車生産は中国からの部品不足で何れも生産が滞っている現状は正に終末状態だ。

そのため当然ウォンと韓国株価は暴落しているが、これを必死て買い支えているのは韓国自身であり、その資金は年金資産の取り崩し。あれっ、これってどこかの国でもそんな事をやっていたが、それでも韓国の場合はもうすぐ底を突くとも言われていて、韓国の年金制度は完全に破綻するだろう。

これを脱却する方法は‥‥無いっ!

いや実はあると言われている。それは日本が救援した場合だが、勿論今の情勢ではそれはあり得ない。というか、情勢が変わっても絶対に助けてはいけない。何故ならあの国の思想では、助けられたという事は恥をかかされた事だから、逆に恨みを持ってマタマタ難癖を付けてくるからで、やっぱり非韓三原則に徹するのが正しい対応だ。