市民団体の請願で寄付された旧料亭 7千万の税金が無駄となる

9月 25, 2021 0 投稿者: B_Otaku

 

岩手県花巻市の旧料亭「まん福」は1935年建築の老舗料亭で、花巻市中心部のマルカンビルなどを望む高台に立ち、往時の花柳界をしのばせるもので、結婚式にも使われ市民に親しまれていたが、2010年に閉店した。

しかし「文化的価値が高く中心街の活性化につながる」という市民団体の請願や陳情があり、市は2013年に集会場とする方針で建物の寄付を受け、土地代5,800万円を支払い、屋根のふき替えなど改修費に約3,000万円をかけた。

しか~しっ、集会場として使うには建築基準法に適合させるために耐震工事や消防設備に最大2億円の追加費用がかかる事が2014年に発覚した。

という事で、市は集会所案を断念。

店舗として使うだけなら、追加費用最大1億2千万円で出来るが、それまで出して活用する方法が見つからず、遂に市は解体する事を決定した。

これにより建物の改修費3,000万円はパーになったが、実はそれに加えて解体費用が4,000万円必要となり、結果として市は7,000万円の税金を無駄にした事になる。

あれあれ。

元はといえば「市民団体」の請願や陳情に乗った市が馬鹿だったという事で、どんな市民団体かは判らないが、大体は古いモノへの造詣が深いと勘違いしている似非文化人の集まりだったりする。そして多くは左翼の学者?

いや、違うかもしれない。左翼なら日本の伝統美なんて否定して、中国や韓国を礼賛する筈だ。

でも、まあ、考えてみれば、7,000万円は改修と解体の業者に流れ、その業者の社員や家族を通じて社会に還元されたと思えば強ち無駄でもない、とも考えられる。

えっ、解体屋の社長の飲み代に化けた‥‥とか?

いやまあ、それでもキャバクラのお姐さんの懐から化粧品屋や洋服屋に渡って、これまた社会に還元されたという考えも出来る(汗

となると、最悪は社長が現金を隠し持っているだけ、というヤツになる。

以上、このニュースの出展は河北新報 (9月4日)による。