韓国が北に弾道ミサイル供与か?

北朝鮮は8月10日早朝に新型弾道ミサイルを発射し、その写真が公開されている。

WPPhto190818-1.jpg

北朝鮮の新型ミサイルはロシア製「イスカンデル」の北朝鮮版「KN23ミサイル」の可能性が高いと分析されていた。ところが公開された画像は韓国陸軍も装備する米軍のATACMS(Army Tactical Missile System)に極めて類似しているという。

WPPhto190818-2.jpg

ATACMSのミサイル部分は韓国軍でも玄武2号Aとして採用されており、北朝鮮の発表した画像が正しければ、何と韓国が北朝鮮に対して米国製ミサイルを供与したという可能性が高くなる。

もう一つの可能性は北朝鮮が偽の写真を発表して、米韓関係を揺るがす大事件を狙ったという事だ。

うーん、文在演でもそこまでやるかなぁ? でもやりかねないよなぁ。

とは言え、今の時点では韓国はグレーであり、となると米国はF35の供与を行う事は無いだろう。また日本も韓国に対して一切の軍事機密を提供する事は即刻止めるべき、という事になる。

実は更にもう一つの可能性があり、これは陰謀論的になってしまうが、例の米国戦争屋、別名ディープステートが北朝鮮に対して米国製ミサイルを供与して、世界を混乱させているという考えだ。まあ、これについては色々意見も出そうだが、北朝鮮の一流ホテルは13段のピラミッドの天辺に目玉という、1ドル札にもあるプロビデンスの目と同じデザインになっているくらいで、これは確かに繋がりがあると思いたくなる。

WPPhto190818-3.jpg

コメントを残す