中国東方航空が肺炎危険路線に韓国人乗務員を投入

朝鮮日報では『複数のメディアが4日に伝えたところによると、中国東方航空の韓国人乗務員たちは今年初めから武漢肺炎の発生地など中国内の危険都市の飛行に集中的に投入されているとのことだ』と報じている。

韓国人の乗務員は通常韓国人乗客の多い地域の便に配置されるのだが、今年初めから今まで乗務経験がほとんど無い湖南省武漢の路線に配置されるようになったという。それで中国東方航空が外国人乗務員のうち韓国人だけを中国国内線乗務に配置しているのではないか、という疑惑が出ているようだ。

これに対して中国東方航空韓国支社は‥‥勿論、回答をしながった。

どうも実情としては新型コロナウイルスの発生と共に中国人乗務員が湖北省武漢や宜昌、広東省広州などの危険地域に行かないために病気休暇を取得し、その空きを韓国人乗務員が埋めているのだろという。

まあ何れにしても中国からみれば韓国は属国であり、韓国人は中国人よりも下に見ているのだろう。それでも韓国人は何故怒らないのか??

それどろか韓国は中国の傘下に入りたいようだから、まあ好きにしたら。

勿論日本は非韓三原則で対応するのは当然だねっ!

コメントを残す